読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずれ

自分がずれているのか周りがずれているのか最近、周りが笑っている時にまったく面白いと思わなくなってしまった

 

もう1年関東に住んでいるので関西出身だから笑いのレベルが高いとかそういうわけではない気がする

 

これも精神的疲労だったり

まぁ疲れなんでしょうね

 

色んな問題があるのはわかっていてこの苦しいところをどうにか乗り越えれたら人間として成長できると信じているからこの苦しい状態でどう思ったなどをブログという形で残したいと思って今書いています

 

まず一個目

長くなって時間を使ってまた思い悩んで寝れないなんてことにはなりたくないので今日はこれだけ

 

最近、僕は色んな活動をしてるんですけどその一部である僕が所属している団体でイベントがありそのイベントは成功して幕を下ろしたのですが、僕の努力を褒めてくれる人はほぼいませんでした

 

僕はここ2日ほどこのことについてどこか引っかかるといるか怒りを覚えていました

また小さい子ではないのだから褒めてくれないのが普通なのはわかっていて自分がこんなことで怒っているのかと思うと自分への嫌悪感と相まってより一層怒りを覚えていました

 

「努力は必ず報われる」僕はこのフレーズが好きで信じていましたが報われているような気がまったくしない、、、

 

努力して褒めてもらえず怒りを覚えてしまうという問題の対策として自分で色々考えても答えが出ないのでネットで色々と調べていると明石家さんまさんの努力についての格言にたどり着きその言葉に感銘を受けました

 

それが「好きだからやってるだけよ、で終わっといた方がええね。これが報われるんだと思うと良くない。こんだけ努力してるのになんで?ってなると腹が立つやろ」という言葉だったのです

 

ほんとにその通りでまたこんなことも言っていて「人は見返りを求めるとろくなことがない。見返りをなしでできる人が1番素敵やね」と

 

見返りを求めない人が1番素敵

たしかにこんな生き方ができたらほんとにかっこいい

こんだけ努力したから見返りちょーだいよ?

って言っているようなもんだともその記事に書いてありました

見返りちょーだいっていうのはとてつもなくださいことだなと思いました

 

この考えはとてもいいことだと思いはしましたが歳がまだ若いのに他の同世代の人との経験の差を感じて焦ってしまっていて頭では色んなことの結果が出るのには時間がかかるとわかっているのですが差をどうにかしたいと思うとすごく焦ってしまい一つのことが成熟しないまま違うことをやり始めてしまうことは多々あり、そして結果が出ないという負のスパイラルに入ってしまっているのです

 

僕の胸の怒りが全部おさまった訳ではないけれど少しはヒントを得れて少しスキルアップできたのではないかな